カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

独立バンザイ!10月24日

銀座1丁目店で2年間フリーターとして活躍した男が一国一城の主となる!おめでとう!


千葉県内で7.5坪の飲食店経営者になる。本当に嬉しく暖かく見守りたい。スケルトンにして自分の思い描く店舗をデザインするそうだ。

きっと内装屋との話し合いとか、水回りの事とか、厨房機器の購入とか、保健所の事とか、仕入先の選定とか、漆器類の購入とか、メニュー作りとか、価格設定とか、広告手法とか、何から何まで一人でやる事に奔走の日々かと想像しています。

今は未だスタートラインには立っていない。スタートラインから猛ダッシュすべく準備運動中的な段階。この段階までは<金>の問題であり、多くの人が辿りつけない事が多い。まず、商売を開始する前の段階で<金>をしっかりと準備した事は本当に素晴らしい。金が無ければ物件も借りれない、厨房機器も買えない、内装も作れない、仕入れも出来なければ広告も出せない。

さて、本当のスタートラインはいつなのか?それは営業開始日をさす。そこから先は<アイディア>が勝負となる。初めての飲食店舗であろうが10店舗目であろうが全国チェーンだろうが関係は無い。社長は一人親方でも1000人に社員がいても同じ社長。お客様にとっては飲食店のチョイスがひとつ増えた事となり、他店より美味しくて適正価格で何かが勝っていれば選んで貰える。単純な勝負であり戦いだ。

スタートラインから直ぐにお客様が来るのか?宣伝広告をしていれば直ぐに来る。口コミであれば時間が掛かる。その間の運転資金も必要になる。OPENして直ぐに繁盛店になる個人店なぞ聞いた事がない。商業施設に入るのであればあり得るが、路面の店であれば宣伝告知期間という苦しみの時間が必ずくる。100%とは言わないが、最初から黒字でずぅっと黒字という店は少ない。私の場合も同じ。1店舗目だけは初月から11年間黒字という珍しいパターンだが、2店舗目と3店舗目はかなり苦しい時期が長くなった経験がある。

この宣伝告知期間が半年なのか1年なのか2年なのか。多くの個人店は持ちこたえきれずに閉店を迎えてしまう現実がある。この苦しい期間を乗り越え、黒字化した場合に問われるのは<人>の部分である。店をOPENさせるまでは金、繁盛出来るかはアイディア、反映を継続出来るかは人の問題が大きいと思う。

社長になると自由だ。出勤時間も自分で決められる。広告を出す出さないも自分。どこと取引するかも自分で決められる。大海原の小舟をどこに向かわせるか、どんなスピードで漕ぐのか、全て社長の思い通りに出来る。しかし、その大海原は時にしける事もあれば無風の時もある。簡単に進む航海などあり得ない。

おめでとう!社長になった貴方は私と同じ飲食店経営者の仲間入りです。しっかりと準備をして良いスタートをして下さい。そして、地域に永年に渡って愛される店を育てていって下さい。いつの日か飲みに行ける事を楽しみにしています。がんばれ〜!



役所ってところは大変ですね。 10月18日

皆さんの御親戚お知り合いにも<役所勤め>の方がいらっしゃると思います。私は・・・いません。


前例踏襲主義とか融通が利かないとか、最近では<直ぐヤル課>のように民間では当たり前の事を<課>の冠にする部署まで登場して落語のネタになりそうな笑い話。

私は零細株式会社の代表者なので、役所とは真逆の浮き草稼業。好きでやってるので自分の立ち位置に何ら問題はないです。

役所の皆さんも公僕として社会を廻す大事な歯車であり、その点では私も同じ。

ここまではいつも通りの論調ですが、昨今見る光景に目に余るような民間人による公僕圧迫的な荒業が目立ってないですか?役所は役所で防御に廻るのも大変そうだけど・・・。ある意味、民間人の荒業に巧く対処するのも役所の範疇だろうから大変そう。

なんでこんな和題を選んだかった?0900にOPENすべき役所が0901になっても開かないと言って大暴れしている民間人サラリーマンを見たり、記入した文字がちょっと間違えているからという理由で訂正印を求めたという理由でブチ切れているおばさんを見たりとか・・・。

AIが進化していくと0900には自動にドアがOPENするのかな。記入漏れがあっても訂正印鑑とか押印しなくてもICチップかなんかをかざせば記入とかしなくてよい時代になるのかな。

AIが人の代わりに仕事をしてくれる時代が直ぐそこのようですね。車のあおり運転とかの愚行為も見る事もなくなっていけるのでしょうか。

人が人を助けあうという良い光景を目にしたいもんです。テレビの旅番組でそのような微笑ましい光景を見るのは発展途上国とか日本のド田舎くらい。世界のどこの大都会でも他人を助けるなぞという高貴な余裕がないらしい。

役所の皆さま、私は噛みつきませんので普通の世間話くらいしませんか。でも規則で出来ないんですよね。わかってますって。変なオシャベリで邪魔しません。

バイト娘の音楽ライブ見学!10月16日

西新宿バール店でフリーターとして活躍する若い女子の本業=芸能活動を見に行って来ました!


夢を諦めずにきらきらと輝く若者たちの熱唱を4組ほど拝見させて戴いたのですが、どの若者も個性的でエネルギッシュ!

私の同級生が参加している音楽ライブは<プロを目指す系>なのに対し、今回見たそれは<エネルギー発散系>で歯キレがとっても良い。

社会に媚びず<趣味><自己満足>で完結している感じが潔くて見応え十分!なんかありきたりの言葉で言えば、いっぱいエネルギーを頂戴する事が出来ました。ありがとう!

一度きりの人生です。悔いの無いよう全力で突っ走って下さい!

渋滞って減りましたね・・・8月21日

さぁ夏休み! 嫁の実家(富山県)に息子を預ける為と仕事で。


8月初旬に富山往復、途中で顔を見に富山往復、迎えに行くので富山往復、8月に3度も富山往復しましたよ。

途中、白馬や富山のワイン買ってくれているお客様にご挨拶しながら3往復。今年はちょっと多かったけど楽しい旅でした。1年に1度しか会わないお客様も沢山あるので良い機会。会社の経費を使わせて貰ってドライブドライブ。

関越道から長野道、下道も走ったりして北陸道も。最近、日本道路公団と関係機関のお蔭で渋滞が減ったと思います。大きいのは外環道と圏央道が繋がっている事、加えて渋滞予想のレベルが点区予報並みに上がっている事でしょうか。

どこへ行くのも渋滞情報を見ながら行けば20キロとかの大渋滞に巻き込まれる事はないので便利。

私が若い時はNAVIなんてものは無いし、エアコンもオプションだったし、パワーウインドーも無けりゃオートマでもない。ETCなんてものもなく、渋滞予想もいい加減だった。

私の息子は免許取得まで12年、その頃には自動運転が主流になって<渋滞>とか<ガソリン><追突事故>っていう単語がもっともっと薄くなっているんだろうなぁ。などと思って運転していた次第です。

東京から富山まで北陸新幹線で2時間10分、車で5時間で行ける時代になりました。昔は列車でも5時間、車だと中央道で松本で降り、上高地を抜けて7時間くらいかけていたそうです。

北関東・北陸・長野のお客様、また来年も伺いますのでどうぞ宜しくお願い致します。


車を買うなら電気の時代? 8月4日

3500CCのガソリン車に乗ってます。燃費は5キロでハイオク指定。1カ月に2万円くらいガソリン代払ってます。


ハイブリッドとか電気自動車ってワクワク感に欠けるような感覚があって、自分自身が昭和産まれの時代遅れだなぁ。と思う今日この頃。

でも、そろそろ車にワクワク感は要らない年齢になってきたような気もするなぁ。1カ月のガソリン代が半額になって1万円浮いたら何か面白い事が出来るのか?どう?皆さんなら1万円で何する?それとも5000CCとか6000CCの車買ってガソリン撒き散らして走る方が昭和男の精神的に健全なのだろうか?

若い頃はタバコも吸ってました。結婚や転職や子供が出来た等のタイミングで一人また一人とタバコ吸いが減っていったように、車もまた一人また一人とハイブリッドとか電気自動車になっていくのだろうか。

学校開放行って来ました! 6月17日

親として人生初の授業参観に行って来ました。我が子が学校でどんな事をどんな風に学んでいるのか。上の学年の子供達はどんな様子なのか。ゆっくりじっくり見学出来ました。

私の幼き頃はどの家庭も母親が来ていたのが中心で、父親が来ていたケースは少なかったように思います。また、見学出来るのは自分の子供の学級だけであり、他の学年や他のクラスも見学出来る機会も無かったように思います。

さらに、学校開放は土曜日・火曜日・水曜日の3日間もの長期間で行けない人を作らない努力も素晴らしいですね。

今の息子のは1学年2クラス、私の頃は5クラスだったりしたのも理由なのでしょうか。他の学年の授業を見るのは今後の教育方針を決める上でとても大事だと感じた次第です。

先生達が熱心に教え、子供達も素直に実直に学んでいる姿は純粋に感動しました。私の時代はちょっと積み木崩し的な昭和の家庭も多々あったので(笑)。

教育現場もしっかりと進化しています。子供たちに未来を任せて大丈夫!明るい未来を手渡していきたい!そんな事を感じた学校開放初体験でした。

良い感じになってきました。 6月16日

ワインの輸入卸スタートから16年、直営飲食店スタートから10年となりました。

飲食店は3店舗となり、正社員6名+アルバイト30名という所帯。我直営飲食店は毎朝大声で朝礼したり、世界に撃って出るようなタイプではありません。これからも少しずつ店舗数が増えるかもしれませんが、それは手段であり、目的は社員の活躍の新ステージを増やしていく事が目標です。

インポーター業は16年目なので落ち着いています。営業マンを増やし、宣伝広告費を増やせば商売を大きくする事は出来るのですが儲かるかは別話し、海外で評価の高いワインを高い値段で買い漁っても在庫の山になるだけという当たり前の図式に辿り着きました。5年前にやった集中と選択が功を奏してきた感触です。

自分の時間も少し増えて来ました。子供も大きくなり父親として関われる事も増えて楽しい時間が多く有り難い限りです。50を前に少しずつ同窓会の類も増えてきており、こちらも嬉しい再会を楽しんでいます。

さて、40代のテーマだった<エネルギー充電>をしっかりと出来たのか。50歳まであと2年間あるので整理しながら次のステージを考えていこうと思っています。

50歳は羽ばたく時。今までの経験と信用を世の中に役立つ形で作っていく時と考え実践していく準備中です。飲食業でもインポーター業でもない事を始めるのかもしれませんが、今まで積み重ねた経験と信用を使わないと勝負にならない事も理解出来る年齢になりました。

漠然と60代は後進指導、70代は社会貢献と考えているのですが、よりよい形で後進にバトンタッチすべく、より良い形で老後の社会貢献を充実すべく、どうやって50代の10年を過ごすべきか熟慮中です。先輩諸氏達を見ていると、ああなりたいこうなりたいという思いが馳せます。

人生が良い方向へ向かいつつあるのも家族と社員のお陰さま。これからも一生懸命にお客様が喜ぶ事を必死に考え工夫して実行していきたい。そんな事を思った金曜日の夕方でした。

FBを見ると不幸になる? 6月14日

久しぶりに自分のブログを書き込んでみたいと思います。

このブログは他のSNSと連動してないので、このブログをみたい方だけが見る、という事になっているらしいですね。

他人がファーストクラスのラウンジで寛ぐ写真とか贅沢で美味しい食事の写真とかって本当に見たいのだろうか。自分の日記にして、他人への公開を避けてくださる訳にはいかんのだろうか。それとも私の設定を換えて<見ないようにする>事が出来るのだろうか。多分出来るのだろうが、いつの間にか設定の隙間を縫って見たくもない聴きたくもない情報が目や心に飛び込んでくる現実がある。

私は世間に対して何もせず、楽して美味しいもの食べる人生に全く興味がない。一生懸命頑張って少しずつ良い生活になる事には必死に頑張っています。かといって、宝くじに当たった人と人生論を戦わせるつもりもないし、早期退職してゴルフ三昧している人と関わる事もない。

一生懸命の素が株式投資でも飲食業でも何でもOKだが、世捨て人のように親の遺産だけで食いつないでたり、宝くじで当てた賞金を自分の娯楽だけに使うタイプがちょと苦手なだけ。

最近欧州で発表されたFBを見ると不幸になるというのは私のような小心で愚かな者にはピッタリの助言だったのでした。

私のFBに出現する人の多くが<他人と自分の比較>で自分の主張を正当化したい輩だらけで困っています。時々、FBのお陰で昔の友達の近況が知れたりするプラス面を得るために、このクソ野郎どものプチ自慢を見ると不健康になるほどに心を不幸にしてしまう弱い自分がいるのです。設定を換えても変えても、その合間を縫ってこの手の情報が入って来る。

はい。じゃあ見なきゃいいんです。けど、そうするとプラスの情報である善意な友人の近況が入ってこなくなるのも困る。

お願いだから誰か声に出して言い始めてくれないかなぁ。木村拓哉とかビート武とかの人達が<FBでプチ贅沢ご飯写真禁止>とか言って欲しいな。あと<政治家批判>も見たくないなぁ。

どうやら結論が出ました。私が見ないと言う事が結論です(笑)。

小学校入学 4月16日

ちょっと前まで赤ん坊だった息子がランドセルを背負って毎朝一人で通学するまでに成長しました。

本日、ちょっと遠くで優しく見守ってくれている私の父(92歳)に入学の挨拶に行ってきます。息子は理解するに至ってはいませんが、この今は半ボケのおじいちゃんが戦火と激動の昭和を生き抜いてくれたお陰様で私がいて、自分がいるという順番。

私もいつか孫の無邪気な訪問を受けられるよう、しっかりと昭和から平成、そして来るべく新年号も頑張って繋いでいかんといけません。

半年前に心臓ペースメーカー手術を受け、肺炎を患ってICUに入った時は死ぬと思ったけど、何か天命を受け生き延びている尊敬するおじいちゃん。穏やかにゆっくりとした時間を楽しんで欲しいと切に願っています。

ワイン屋3オープン決定! 3月12日

既存新宿店から200メートルの場所で新たなドラマが始まります。

主演は青野修平と高野啓太の二人+期待の新人達。演目は<大人のレストランです。

自社輸入しているこだわりの<ワイン><ビール><オリーブオイル><チーズ>をゆっくり座って楽しんで戴くスタイルにチャレンジします。

周辺に良いお店が増えて来ました。どこか良い場所が空いたらやりたいなぁ。とは永年思っていたのですが<これだ!>という物件との出会いがないまま時間が過ぎ、ついに1店舗目は10周年を迎えるに至りました。

今回の物件は間口も広く、天井も高く、場所もよく。三拍子揃った最高の物件です。永年に渡り地域に愛されるレストランを目指していきます。どうぞ宜しくお願い致します。さぁやるぞ〜!

ページトップへ