カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
注目キーワード
RSS
あなたの探しているワインが見つかります!

テーブルマナー 5月25日

近所の&美味しいトンカツ屋さんにて昼食中の出来事です。

3050代上司3人+201人の4人組が食事をしていました。上司&先輩3人は先に食べ終わっていたのですが、20代君はゆっくりマイペース。上司3人が食べ終わって爪楊枝使い始め10分後くらいのタイミングでライス&キャベツのオカワリ!呆れたトンカツ屋さんのおばちゃんが、オカワリは良いけど1分でメシかきこんで先輩達の時間まで無駄にするな!と瞬間お説教。昭和時代には良く見たスカッとした瞬間でした()

健康面で言えば、メシをかきこむ、自分のペースで食べないのはとってもよくない事ですよね。

サラリーマンの昼食って仕事の延長である場合が多いのも現実ではないでしょうか?若い人には接待の練習と言う意味でも、実務上の情報交換の場という意味でも、昼飯時に大事な話する事って多々あります。私も会社の人や社外の人を昼飯とか夕飯に誘う場合、無意味に誘う場合はありません。食事のエネルギー補給なら一人メシ選択ですが、誰かと食べるという事はコミニケーションをはかり、よりよく人間関係を進める目的が含まれます。たわいもない世間話でも二人以上の人がメシや酒を共にするには意味が生じます。

近所のおばちゃん&おじちゃんが子供や後進を説教してくれる社会ってのは良い時代でした。昭和は世界と繋がっていない時代でしたが、近所とは強く繋がっていました。

とんかつ屋さんのおばちゃんに説教喰らった新人君、意味もわからずにやけるだけの対応。最年長50代上司のおじさんが、トンカツ屋さんのおばちゃんに笑顔で大感謝。<それ、僕が言うとパワハラなんです。こいつはチームワークとか理解してなくて・・・大事な事をおしゃって戴き有難うございます>。50代おっちゃんも流石のご理解とご返答でした。

皆さんどう思いますか?やっぱりパワハラですか?早く飯食えって言われたら?昼休みにそこまで言われる筋合いはネー!って感じかな?

西洋のテーブルマナーだとどうでしょう?ホストがワイン選んだのに、私はワインではなく生ビール飲みたいってのはOKですか?それもパワハラかな? 一人だけ前菜食べ終わらずメインが持って来れないとかってどうなんでしょう?前菜食べきれない人は、周囲に気を使って前菜途中でもカトラリーの向きを変えるのが作法ですよね。

今の日本でも西洋でもアジアでも<自国最優先主義>が席巻しています。アメリカのトランプさんが旗振り役。欧州各国の選挙では極右と言われる移民排斥を訴える政党が躍進しています。人が人を思いやる気持ちってとっても大事だと思います。移民政策ととんかつ屋さんの親切心を一緒に語るのは無理がありますね()

世代の問題なのでしょうか。個人の問題なのでしょうか。いつの時代も協調性のある人と無い人はいるもんです。私の昭和時代も<とんかつオカワリ君>のような行為をする若者が存在しまいした。平成&令和と昭和のちょっとの違いは、それを咎める、教える大人の割合でしょうかね。

私も白髪が多くなり、咎める・教える役割を果たすべく世代になったように感じます。見て見ぬふりは出来ぬ。まず、アクション1として皆さんに私の見た事をお伝えする事からスタートです。生意気を申し上げすみません。とんかつ屋さんでのテーブルマナーも西洋のも同じだと思います。

片桐達也

雨ですね 5月21日

雨って嫌いじゃありません。ゴルフとか運動会とかの日は降って欲しくないけど。



寝る前とか早朝にちょっと目が覚めた時に雨音が聞こえると不思議と落ち付くのは私だけでしょうか。


普段は車の音や近所の生活音が聞こえてくるのですが、雨の日だけは雨音が色んな音を消してくれるからでしょうか。


もう直ぐ梅雨入りですね。ワイン輸入業者にとってはあまり大きな影響がない気象現象です。その先に待ち構える酷暑の方が大きく影響を受けてしまいます。5〜6年前からクラフトビールの輸入も開始したので、酷暑時はビール輸入業者のような売上チェンジがあります。


今年も例年並に例年通りの<梅雨><酷暑>とやってきて欲しいと願っています。

騒音クレーム 申し訳ございません。

直営飲食店前の自社スペース部分に灰皿を設置しています。



夜の10時半頃、道路上に出てタバコを吸われているお客様の話し声がうるさい!御近所の方からお叱りのお電話を頂戴してしまいました。御近所の皆さま、ご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございませんでした。



再発防止のため、灰皿に<騒音に配慮>の注意喚起の張り紙を設置しました。また、全スタッフに<声掛け配慮>を行うよう注意徹底致しました。今後は騒音でご迷惑をお掛けしないようスタッフ一同で心がけて参ります。



空き瓶やおしぼり回収の箱、店頭看板や灰皿がご近所の皆さま&通行の皆さまのご迷惑にならないよう、各店長への再点検も指示済です。



御近所の皆さまにも愛される飲食店でありたい。当店は最善の努力を行い理想を追求して参る所存です。お電話にて当社の不備を御指摘頂きました事に感謝申し上げます。


ワイン屋代表・片桐達也

ゴールデンウイーク 4月24日

いよいよ日本国民が初体験する10連休がスタートしますね。どうなるのでしょうか?ちょっと楽しみです!



ご存じの通り、欧米社会では1年間の休暇をまとめて、2〜3週間連続休日取得が普通です。


そんな欧米でも、全員が一度に2〜3週間不在になる訳ではなく、変わりばんこで休暇を取りますよね。日数は短いですが、日本のお盆休み・夏休み休暇取得に似てますね。



今年の日本のGWは、ほぼ多くの企業&役所が10連休となるのが特徴的で楽しみなところ!



同世代のおじさん達は<のんびり派>が多い様子。


子育て世代は前半か後半か中半のどこかで旅行へ出かける人が多いかな。

独身正社員貴族達は<飲みまくる><DVD見まくる>という人もあれば、非正規雇用の皆さんは普段通り仕事をして稼がないと!っていう人が多いようです。



ワイン屋の店舗、1号店は10日連続営業となり、新店舗はお休みとなります。



社長は・・・前半は子供サッカー試合同行&観戦、中半に子供と100名城巡り小旅行、後半に嫁の実家(富山県)に帰省。


GWは豪NZの海外土産ワインも超多忙なので、半日出社しながら、時間を見つけて小旅行2回行くって感じのGWです。


皆さんも楽しいGWをお過ごしください。



インスタ映え  4月22日

ここ5年くらい、周辺に同業他社が沢山進出してきました! 皆さんとっても頑張っていて、当店にも素晴らしい刺激になっています。地域の繁栄は大歓迎&大感謝です。


我が社は我が社の得意な分野で尖っていく!

社員達とミーティングを行い、社長自らの考え方や生き方と照らし合わせた、ここから先のワイン屋の向うべく方向宣言です。

我が社はオセアニアの美味しくて安価なワインとビールを輸入し、非日常感を演出する内装で楽しく飲んで戴ける接客と料理で企業価値を高めていく事と改めて決意しました。

社長の事をご存じの方にしてみれば、なんだ?今まで通りじゃないか。と思われるますよね(笑)。はい、今まで通りです。もっともっと尖っていきます。


逆を申し上げると、奇をてらうような話題性重視のフードメニュー、社員の給与を上げられない原価率200%のキラーコンテンツフード、味わいよりもインスタ映えを優先させるような演出等は一切やらないという宣言でもあります。


当たり前の事を当り前に努力します。


フードに関しては、シェフ手作りの料理を仕込み、美味しく食べられるよう考え、工夫し、情熱を加えて調理したフードだけを提供提していきます。


ドリンクは自社輸入の美味しいワインとクラフトビールを中心に。


内装とサービスは、非日常感の中で気軽にフードとドリンクを楽しめるよう。飲み会の主役が、お客様の会話&コミニケーションである事を心がけます。



パスタにシラスの掛け放題とか、牛フィレ&フォアグラを激安で食べたい方、インスタ映え&話題性優先を好む方は当店向きのお客様とは言えません。申し訳ございません。


当店は席料やサービス料も頂戴しません。こちら都合の2時間制も導入しておりません。お通しもありません。


海外のパブやビストロのようにお好きな時間にお好きなものを食べて飲んで戴けるシステムを継続して参ります。


LINE友達割引とか、食べログコメント割引とか、メガネかけてきたら割引とか、雨の日割引とか、ハッピーアワーもありません。


我が社は輸入商社直営飲食店なので、メリットは平準化し、全てのお客様に均一して還元させて戴きます。月曜日の17時ご来店でも、金曜日の21時ご来店でも同じです。


店側都合によるハッピーアワーは存在させません。一番数多くのお客様に還元出来るのは金曜日の21時だからです。金曜日の21時ご来店でも2時間制はありません。



飲み放題用以外の全グラスはリーデル社製のモノを手洗い・手拭き仕上げしています。カトラリーはラギュオール。美味しいものを美味しく飲んで食べて戴く為にグラスやカトラリーは大切なものです。


缶詰めのまま提供する話題性重視のサービスは当店にはございません。缶詰めのまま提供の方が美味しい料理があれば検討して参ります。



お皿には美味しく魅せる演出効果だけでなく、お皿には保温や食べやすさの機能があるのはご存じの通りです。缶詰めには素晴らしい保存機能があります。缶詰めには、美味しく見せたり、保温や食べやすくなる機能はありません。


機械洗いのグラス&自然乾燥では、ワインやビールの味わいに大きな差が出る事は飲食プロなら知っている筈です。効率を優先させるサービスは導入しません。面倒でも手洗い・手拭き仕上げを継続して参ります。



美味しいワインとビールを安価に楽しめる店作りを尖らせていく宣言でした。15年前のOPEN当時も、今も、未来の15年先も理念は同じです。



我々は不器用なので目先の<インスタ映え><話題性>と決別宣言です。これから先の15年も今までと同じです。本当に美味しいモノを安価に&気軽に楽しめる店を探しているお客様とのお付き合いを大切に、そんなお客様達の思いを最優先に経営を尖らせて参ります!



お客様に教えて戴いた<守るべき事><進化すべき心>を大切に。これからも日々の努力を繰り返し精進してまいります。どうぞ引き続き宜しくお願い申し上げます。


螢錺ぅ鷁亜β緝充萃役・片桐達也

試飲会にて大反響!大感謝!

池袋サンシャインで開催された<焼肉フェス2019>のワイン提案コーナーに初出展させて戴きました。



普段はワイン色の濃い、プロの為の試飲会に参加する事が多く、近異業種<焼肉>のフェアーに参加したのは初めてでした。


いつもの試飲会ですと、ワインに精通した方が多く、セパージュや産地特性に関する質問が大半です。焼肉フェアーに参加されている皆さんは焼肉のプロであり、ワインに関しては消費者目線の方が大半です。


消費者もまた、焼肉を食べに行く時は<肉>が目的であり、ワインや飲料は<肉>に対して脇役です。


何でもそうですが、主役を生かすも殺すも脇役次第です。味わいとしては、肉と合うのは赤ワイン!ワインは、価格面でも質の面でも脇役であるべきです。



久しぶりに消費者目線での試飲会でした。17年前のインポーター開業当時はB TO C試飲会も多く開催したのですが、最近はB TO Bばかり。お客様目線でワインを選ぶ純粋な焼肉関係者の皆さまのご意見は本当に良い学びとなりました。



当社では、クリンスキンと呼ばれるラベルの貼っていない無印良品ワインを扱っています。低価格で高品質な理由が明確でメッセージ性の強い、情緒性の弱いワインです。


焼肉業界の皆さんとクリンスキンワインの相性が良い事が判明!これからはもっともっと焼肉業界の皆さんに当社ワインをご紹介していこう!そんな事を強く思えたフェス参加となりました。


ご来場戴きました皆さまに心より感謝を申し上げます。

少年スポーツへの親の関与

子供が小学校2年生男子なので習い事の往復は親が担います。皆さんもご苦労あったのではないでしょうか。私は最初で最後の経験を<今しか出来ない喜びと学びの時!>とばかりに張り切って楽しんでいます。


3年生以上になると自転車を操るようになるので親負担と関わりが大幅に減りますよね。


親によって子供の習い事に関わる<温度差>もあります。長女長男の場合とか、2人目や3人目の場合など、良くある<温度差>の例でしょうか。



自分の子、他人様の子供に関わる介入度も個人差が大きいと思います。子供の言語で話せる愉快な大人もあれば、ちょっと子供と関わるのが苦手な大人もあります。


おじいちゃんおばあちゃんが近くに住んでいる子供、そうでない子供、共働きの子供、専業主婦の子供、介入したくても時間が限られてい親人、シングルマザー、シングルファーザー、介入するのが苦手な親、介入するのが好きな親もあります。



いつも問題になってしまうのは子供同士ではなく、親同士の人間関係が多いように感じています。ちょっと残念。私も誰顔気分を害している自戒の念を込めてブログに書いています。



子育てが家庭家庭で千差万別なのは当たり前ですよね。そしてもちろん子供がいない家庭もあります。誰の家も同じ環境下にはありません。



温度差とか介入度あいの差を卑下し合っているネット相談なんぞ見て霹靂とした残念な気分になる事があります。私のブログを読んで残念な気分になっている方があれば申し訳ありません。



少年野球チームのお手伝いに参加したい親もあれば、参加したくない親もあり、その中間的な親もあります。



皆でお手伝いするチームもあれば、お金払って丸丸預けるクラブチームのようなスタイルもあります。



他親の事をとやかく言うより、自分の出来る事を自分の出来る範囲でお手伝いしましょうよ。


主役は親同士ではなく、子供達の成長だとほんとに思います。そのチームのレギュラーだから・補欠だから、長男だから2人目以降だから、共働きだから専業主婦だから、関わるのが好きだから苦手だから、誰も同じじゃありませんよ。親達も子供達も皆ちがって当たり前です。その違いを尊重すべきであって、卑下し合うのは目を覆いたく&耳をふさぎたくなります。



子供も同じだと思います。親同士の関わり合いに巻き込まれるのは大迷惑。目の前のボールを追いかけ、目の前の試合に努力し、チームの仲間を切磋琢磨して勝利を目指したいって思う子が大多数だと思います。



子供の個性と個性が重なりあってチームとなり、そのチーム全体ので目標を立て、実際に努力し、勝ち負け、楽しみや哀しさを共有し、相互に高め合う事が少年スポーツの存在意義だと思います。



何かの縁あって同じチームに同じ子供がお世話になっています。親同士は最低限の尊重とマナーで子供を見守って欲しい。と願っています。親が率先して特定の子供を敬遠するなぞもってのほか。



お手伝いが大変でも、苦手でも、大好きでも、親である今という限られた時間しか出来ないかけがえの無い奇跡の時間だと思います。



親は先に死ぬので子供の最期まで面倒を見ることなぞ出来ません。



子供は自由闊達に伸びていく天才だと思います。親が出来るのは可能性を拡げ、人生で生きて行く上での躾と教養を教えるところまで。そこから先は子供たち自身で未来を切り拓いてくれると信じています。


偏差値教育は塾がやってくれます。学校では基礎学習と他人とのコミニケーションなど多くの事を学べます。家庭では躾と教養教育と補助学習。では、少年スポーツの役割は何なのでしょう?


私も小学校時代に少年野球チームに4年間在籍しました。チーム内にプロ野球で一億円プレーヤーになった同級生が在籍し、4番ピッチャーでした。彼一人の功績で地域ナンバー1レベルは楽勝のチームでした。東京都でもベスト8とかに入った事のある実力に恵まれたチームに在籍していました。


今、覚えている事といえば、地域常勝で勝ち進んだ思い出ではありません。多くの勝利より、上位リーグで負けて悔しかった思い出が大きく残っています。仲間と一緒に合宿で汗を流したこと、肝試しを企画して楽しかったこと、皆でマス釣りをした事、試合の中には自分のミスで負けてしまった試合があったり、4番エースのミスで負けた事もありました。少年野球ので得た事は野球技術だけではありません。仲間と一緒に目標に向かって努力した事が一番の宝です。





少年スポーツに対する親の関わり方については、色んな議論が色んな場所で行われているようです。匿名性が高いサイトになればなる程に目を疑うようなコメントを散見します。SNS時代が進み、見たくないコメントも目に入ってくる事もあろうかと察します。



最後まで読んで戴いて戴き有難うございます。私は私の出来る事で自分の子供、隣の子供、地域の子供や地域社会の役に立ちたいという純粋な思いを指針に行動していきます。引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

スキー検定にチャレンジ! 1月18日

昨年のスキーシーズンに我が息子がジュニア4級に合格出来ました。今年はジュニア3級合格を目指して楽しく頑張っています。



スキー巧くなりたい!頑張るぞ!



そう思うなら、目標を設定して、<何を><いつまでに><どうやって>と噛み砕くと1滑り1滑りの質が上がるってもんです。



ただ漠然と<巧く><頑張る>ってのはもったいない。勉強でもサッカーでもピアノでも<何を><いつまでに><どうやって>の癖があるのと無いのでは将来に大きな差が出来る。


お仕事も似てる。漠然と一生懸命に頑張るのではなく、フェラーリ買うとか、年商いくらとか、給料いくらとか、目に見える目標と時間と計画を立てるのも大事。



受験勉強も同じ。漠然と頑張っているのでは効率が悪い。



人として産まれたからには沢山頑張って、沢山達成して欲しい。我が息子君が3級に受かるか?春に受験予定!乞うご期待。2月には初漢字検定にもチャレンジするそうです。資格マニア?!

英語コンプレックス克服への道 1月17日

スキージャンプ、卓球、サッカー、ゴルフ、テニスも日本人選手の活躍凄いですね。


明らかに私の世代のメンタリティーとは違う<世界感>を持ってるように感じます。対白人コンプレックスとかいうレベル低い事じゃなく、堂々と下手な英語で観客のインタビューに答える姿とかっていう話し。

今まで、他のNON ENGLISH国民は出来ていたのに<日本人>はちょっと苦手だった<英会話>。特に人前でしゃべるとなると超が付くほどに苦手な人が多くなる。

通じれば良いじゃん!大阪なおみの日本語だって同じ。世界の壁がどんどんと無くなっている感が私の世代とは異なり、嬉しい進化形となってスポーツの世界で出てきてる。

ビジネスの世界はどうか?まだ少し可笑しなことが起こっているように思う。なぜ世界を目指すのか?金?夢? 世界を目指すべき会社もあるが、その大半は野心であり、自分の支店を海外にも持っているという見栄的思考が根源にあるような。

自分のノウハウをその海外に持ち込む事でその国の国民を幸せに出来る進出なら○、自分の見栄や野心だと×。

スポーツ選手が海外に出るのは○。商売は相手あっての問題なので商売の内容によるところ。アメリカに自国最優先主義とか、英国の出口なき脱EUとか、海外で商売すればルールが違う。怪我しないうちに尻尾巻いて逃げかえって来るのが正解。日本で商売成功したからって言って、海外で同じ手法で成功しないのは当たり前の理屈。スポーツならルールは同じ。

言語を勉強するのはイロハのイ。文化を理解するのはイロハのロ、その国の役に立てるか立てないかが大きな問題。だと思っているのは私だけでしょうか。生意気言ってすみませんでした。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり誠に有難うございました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


昨年の漢字<災>でしたね。

我が社の昨年の漢字は<人>でした。新しい人との素晴らしい出会いに恵まれ、一緒に働いた人との寂しい別れが多かったのが、<人>を我が社の漢字に選んだ理由です。

今年もポジティブな漢字一文字を選べるよう日々精進致します。今年はポジティブ要因が多く楽しみです。NZとのTPPが発令となり、ワイン関税が下がります。為替も安定しそうな予感です。飲食店を取り巻く環境は厳しい状態が継続しますが、新宿のワインバールという狭い範囲で言えば、乱立期から淘汰期を超え、落ち着いてきた感じです。激安居酒屋との消耗戦にも参加する必要なく、コスパの良い美味しいワインとビールを武器にやり過ごす事が出来そうです。




今年はどんな1年になるのでしょう。人生&商売は先が見えないのが面白い!小さな商売になればなるほど本当に先が見えないのが本音です。一人一人の重みが違うっていうか、本当に人の成長が会社の成長になるのも小商いの面白いところです。


世間様からは安泰に見えるであろう、インポーター兼飲食店ですが、新しいチャレンジを継続しないと淘汰の波に飲まれて沈むのは輸入商社も飲食業界にも限らず同じです。


インポーター業は19年目、直営飲食店は14年目に突入します。どちらも細かい目標は設定していますが、やはり大切なのは<人><モノ><金>なのも他業種と同じです。


インポーターとして、飲食店として世の中の役に立てるよう精進をしていくのみです。


大金を大金に換えるのがビジネスならば、小金に人とモノと時間を掛けるのが小商売。小さな商店はビジネスが苦手ですが、人の心に寄り添う小商売は大得意です!目指すは日本一とかではなく、地域周辺上位くらいの立ち位置です。我が社らしく、我が社の得意な分野を好きなお客様だけに喜んで戴ければ十分に幸せです。



今年も身の丈成長を目標として、地域の人、現お客様に、今よりもちょっと喜んで戴けるサービスを継続&成長させていく所存です。


年商xx億、店舗xx店、社員xx人、海外進出!とか勇ましい空元気なハッタリ目標は立てません。


今まで通り、身の丈にあった成長が少しでも出来るよう、1日1日、1時間1時間を無駄にせず、皆皆様に感謝を忘れず、少しでも皆皆様の笑顔が増えるよう、今まで並の小商売で頑張って参ります。


本年もどうぞよろしくお願い致します。

ページトップへ